生活の多様化による派遣労働の需要

会社での視察による派遣

生活の多様化による派遣労働の需要 私は会社の中でも上の役職についていました。そこにたどり着くまでに何年とかかったのですがようやく落ち着きました。私のやっていた役職で視察をするために各支部に派遣され仕事の様子を見るという仕事でした。私は最初に任命されたときはとても驚きましたがいざやってみると遠くに行くことが多く睡眠時間はほぼ電車のなかやバスの中でした。しかしこの仕事はとてもやりがいのある仕事で派遣先でも社員の人と話したりしているうちに本社でもこのような商品を作ってみてはどうかなど具体的な案が聞けてとてもためになります。実際意見が通ったひとは本社に引き抜かれています。他にも派遣先でも友人ができたりしてときどき飲みにいったりしています。私は今は違う仕事についているのですが今でも関係は続いています。派遣先では主に仕事をどのような感じでしているのかなどを見ています。不備などがあったら本社にも報告するのが仕事なのです。

他にもこちらに悪い点があり、支部の方に気がまわらなかったりしたらこちらの改善もします。本社の人も真面目でとても便りがいがあります。真面目な人材は派遣先から引き抜くこともあります。それほどこの視察という役職は重要なのです。派遣悪いことばかりではありません。

Copyright (C)2022生活の多様化による派遣労働の需要.All rights reserved.