生活の多様化による派遣労働の需要

派遣社員が守らねばならないルールの一つが契約期間

生活の多様化による派遣労働の需要 派遣社員の人は、いろいろな会社で働きますので、会社によって風習が違ったりすることもあると思います。郷に入っては郷に従えという言葉もありますので、前の会社と違っても、ある程度は従う必要があります。もちろんサービス残業や、有給を取れないといった、労働者の権利に関わるような悪い風習には従う必要はありませんが、それ以外のことはなるべく従っておくほうが波風を立てずに済むでしょう。働き方については人それぞれ考えがありますので、プライベートを重視するのは構いませんが、最低限守らなければならないルールがあります。その一つが派遣期間です。

派遣期間とは、契約期間のことです。長期の前提であっても、契約は3か月ごとに更新ということが多いです。更新するタイミングで辞めるのは自由ですが、契約期間に辞めるのは契約違反です。やむを得ない事情があれば許されることが多いですが、派遣先にも派遣会社にも迷惑をかけることは間違いありませんので、できれば期間満了までは働いたほうが良いです。仕事内容が不満だとか、人間関係の悩みだとかで辞めたいのであれば、まずは派遣会社や派遣先に相談するべきです。苦情申し出の窓口がそれぞれにありますので、問題解決に尽力することが先でしょう。

Copyright (C)2022生活の多様化による派遣労働の需要.All rights reserved.