生活の多様化による派遣労働の需要

本音は正社員になりたい派遣社員の希望

生活の多様化による派遣労働の需要 派遣社員として働いていても、本音を言えば正社員が良いと思っている人は結構多いと聞きます。言い方は悪いですが、正社員の口がないので仕方なしに派遣で働いている、というわけです。派遣から正社員になるケースも確かにありますが、大企業では稀ですし、期待して結局なれないのであれば時間ももったいないと思います。それならばいっそ正社員になることが前提の紹介予定派遣を狙ったほうが良いと思います。数か月間普通に派遣社員として働けるので、正社員になってからこんなはずではなかった、というようなミスマッチは起こりにくいです。また結局採用が見送られるとしても、半年以内には結果が分かりますので、いつまでも希望だけを抱き続けるということにもなりません。

年齢的なものは、確かに関係します。専門職でもない事務系の女性社員であれば、40歳を過ぎると難しいでしょう。定年がある以上、それは仕方がありません。しかし最近は少子化の問題から将来の人手不足を心配している企業も多くなっています。そのため以前よりは間口が広くなっており、能力のある人であれば、40歳を過ぎていても採用されることがあるでしょう。はじめから無理だと諦めず、挑戦する価値はあると思います。

Copyright (C)2022生活の多様化による派遣労働の需要.All rights reserved.